楽天カードを作るなら国際ブランドをJCBにする理由とは?

スポンサーリンク

今日、気付いたことですが、自動車税や住宅の固定資産税の支払いってコンビニ決済できますが、クレジットカードは使えないですよね?

先日、ぼくは10万円近い固定資産税と自動車税の支払いをコンビニでしました。

クレジットカードで支払いができますか?

と必ず店員さんに聞いてしまうほど、クレジットカードのポイントに拘りをもっています。大体帰ってくる言葉は、

おそらくできないと思いますが、取りあえず通してみましょう!

ってところです。結果、必ず現金ニコニコ一括払いです。

ここでいつも思うのが、

なんでクレジット払いできないんだろうってこと。いつかクレジットで支払いできればポイントが溜まるのに!

と毎年思っちゃいます。

今年は、少しだけ突っ込んでグーグル先生で調べていると、クレジットカードで税金関係を支払う方法があるじゃありませんか!

それは

電子マネーnanacoを利用すること!

実はコンビニでnanacoを使って税金の支払いができるんです!クレジットカードからnanacoへポイントをチャージすれば支払いができます。

ここで皆さんが思うことは、ただチャージできるだけじゃん、ということ。

実はここに旨みがあって、楽天カードのJCBだけ(ほかのカードもあるけど)がポイントが付与されます!VISAやMasterCardはダメですけど!

楽天市場が大好きなPONさんは、ネットショッピングのほとんどを楽天ですませてしまうので、国際ブランドをJCBにしても良かったかもしれません。海外でJCBが使えないところが多いのが難点。

海外で利用できるカードをすでに持っていてJCBを1枚持ってもいい人にはおススメの選択です!

ポイントが1%付与されるのは大きいですよ!

2017年5月15日追記

5月は税金支払い月間なのです、知っていましたか?今月に入り自動車税と固定資産税の支払い請求書がやってきます。自動車が34,500円。固定資産税は79,000円です。合計113,500円です。この支払いはクレジットカードでできません。唯一クレジットで支払いできるのが、クレジットでチャージしたnanaco払いです。しかもクレジットカードは楽天カードのJCBのみ!

これだとクレジットで課金した分の1%は楽天ポイントとしてゲットできます。なので、ぼくはクレジットカードとして持っているのはこちらの3枚。

ANAゴールドカードVISA、JALカードMASTERCARD、楽天カードJCB

賢くポイントゲットすることとマイレージを効率よく貯めるためにこのラインナップですわ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加