一戸建て住宅の太陽光パネルはKW搭載すべきか?

スポンサーリンク

我が家は太陽光パネルを載せることにしましたが、では何㌔載せるかです。

みなさんが迷う基準はやはり10KWだと思います。10KWを超えれば発電所のような扱いとなり、20年間の買い取り保証があります。ただし20年過ぎるとおそらく買い取りしてくれないのでそのときは自分の住宅用の電源に回すことになります。

ここで大切なのは10KW以上とすると全量買い取りを選択できるようになることです。

全量買い取りとは、発電した分は全て電力会社が買い取ってくれますが、我が家で生活していく上で使用する電気は電力会社から買わなければなりません。つまり電気代は別に支払いが必要です。売電収入それを考慮に入れたシミュレーション結果で4~5万円の収入です。

もう少し詳しくいうと、10KW以上で全量買い取り契約をすれば、我が家で発電した電気は我が家では使えません。太陽光を載せれば電気のライフラインがストップした時、電気を回せません。

ですが、そのような状況になることは大型の自然災害以外はないし、そんな状況であれば電気だけでなく、水、ガスもストップします。

じゃあ20年後の全量買い取り保証が終わった時はどうするのか?

自分の家に電気を回せるように工事します。さらに蓄電池があれば、自分ちで全ての電気を賄えると思いますが、全量買い取りの制度がある以上は、売電収入があるので現段階では導入すべき。電気の買い取り額は1KWあたり年々下がってきています。今だから全量買い取りを選択する価値があります。

20年後には住宅用電源に回せるような設備を導入しなければなりません。我が家は、20年後はもっといいシステムができていると考えて、電気を回せる設備までは現在導入していないんです。買い取り価格がさらに下がってくると投資効率があまり良くなくなるので、その時はまた考える必要があります。

なぜ買い取り価格が年々下がってくるか?

太陽光パネルの価格が技術革新により下がってきていることと住宅や余った土地で太陽光発電をする家が増えていることが要因ですね。今後、買い取り価格が上昇に転じることは考えにくいです。

蓄電池のことも聞くところによるとまだまだ実績も少なく、性能も今後アップしていくと思います。今買うよりも20年後に買えばさらにいいものがあるはずです。

太陽光を5KWぐらいが発電した電気代と使用した電気代が等しくなるところです。だからそれぐらいを搭載する人も推奨する住宅会社も多いと思います。「電気代を支払わなくてもいいですよね」と言えば、投資には聞こえないからでしょうね。

我が家が10KW以上載せると決めたのは、全量買い取りを選択しない場合は、少しだけ買い取り価格が下がりますし、買取期間も全量買い取りよりも短くなります。それは損だと考えちゃいました。

一戸建て住宅の太陽光発電に関する過去記事はこちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加