図書館に毎週通って絵本を10冊ずつ借りれば、3歳までに1万冊読めます!

スポンサーリンク

松永図書館に通うことが休日の日課となりました。

我が家の近くにある松永図書館に毎週通うようになりました。娘の絵本を借りるためです。公文に通い出してから、先生からも3歳までに1万冊の読み聞かせ。3歳までにひらがなが読めるようになるという目標をもらったので、少しでも娘を成長させるために親として絵本の読み聞かせを助けることにしています。家庭保育園の絵本だけではその時々に合った娘の興味に対して絵本が付いていけないので、借りるもしくは興味がある本は買うことにしています。

012ad7801073521d54ddc2c2bfa2b1d099bc6c4ea5

01b75fc366dffb03e830ab8a66926730b029296487

松永図書館では、1人10冊までかりられます。

娘用に絵本を借りますが、絵本の数が多すぎて返すときに無くなる可能性があります。我が家は家庭保育園で買った絵本が多すぎて、買った絵本の中に紛れ込むということがあるんですよ。絵本を返すときにしっかり分かるように絵本は、10冊と決めて借りています。こうすれば返す本を返し忘れることはないですよ。

図書館で借りてくる本で娘の流行りは、まだまだ、ももんちゃん!

子どもに絵本を読ませたいために図書館を利用するのはいい作戦です。今日もいっぱい借りてきました。我が家は借りる絵本もできる限り娘に選ばせています。娘が選ぶと絵本は偏ります。見慣れた本やももんちゃんシリーズ。親としてはいろんな絵本の世界を教えてあげたいので、見たことのない絵本を親が選ぶと娘の世界が広がるかも。嫁さんは割とその辺の興味を変えてあげるのが上手いですね。さすが元保育士さんです。

図書カードも娘用に作っています。子ども用でもつくれるんですよね。だから娘の名前で10冊絵本を借ります。娘の好きな絵本で1日10冊の読み聞かせです。3歳までに10,000冊なんてあっという間ですよ!

今回借りた10冊の中で特に娘のお気に入りのももんちゃんシリーズはこちらです。

ヘリコプターにのった、ももんちゃん。ぱたぱたとんでいると、かみなりがごろごろごろっ。
すると、かみなりぼうやがヘリコプターにのってきました。雨のあとにきたのはてるてるぼうず。
みんな、雲の上で遊びましょ!

ももんちゃんが好きなのは我が家の娘だけではなかったですよ!みんな大好きももんちゃん!

 

絵本に関する記事はコチラです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加