フラットルーフにアクセスしにくいので後悔しています。

スポンサーリンク

今日、ミサワホームとの打ち合わせがありました。前回、ミサワホームの営業マンと揉めたフラットルーフについてです。

フラットルーフへの屋根は、長期優良住宅の取得の関係で屋根もできないとのことでした。

アクセスできる唯一の窓を腰高ぐらいの大きな窓にしておけば良かったと後悔しています。それならばまだ外に出れました。

今のままでも窓のサッシを外せば外にでられます。しかし外にでるのは10年に一度でしょう。しかも階段と梯子の準備が必要です。

確かにベランダを掃除するかと言われるとしないだろうし、何かあったとしてもなんとか外に出られるので、とりあえず、この件はよしとしました。

長期優良住宅取得後、リフォームという形で屋根をつけるのは可能ということでしたので、それでもいいかもしれませんし。

ただ、かなり後悔はしています。フラットルーフをつける場合は、外にアクセスすることを考えた方がいいですよ。絶対後悔します。現状でも掃除をするかしないか分かりませんが、外にでにくいのはメンテナンスのことを考えるとよくないです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加