積立投資の考え方でマネックス証券のマネラップを始めようかと!

スポンサーリンク

以前に、「バビロンでいちばんの大金持ちを読む!」を読んでから、お金を積立て資産形成する方法を考えていました。

やり方はいろいろあるんですよね。

①毎月定額貯金する

②毎月積立投資する

どちらでもいいのですが、定額貯金をしても利息はスズメの涙程度にしかならないですよね。積立投資ならば、投資先にもよりますが、ちょっとでも利息がつくし、複利が効いてくるのでお金も増えやすい。定額貯金するなら、積立投資のほうがぼくに合っている。自分にあったやり方をすればいいですね。

とりあえず、積立投資を学ぶならばこんな本を読んで基礎を頭にいれてから取り組んだ方がいいですね。

忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス)
カン・チュンド 明日香出版社 2009-06-17
売り上げランキング : 3547

by ヨメレバ

月に1度「引落とし」、年に1度「確認」するしくみを作るだけ。給与振込口座から掛金を自動的に引き落とし、しくみが投資信託を買い付けることで、投資にはほとんど時間をかけずにストレスなく投資が続けられるようになる画期的な投資手法。

だけどぼくは投資信託という考え方が苦手なんです。運用するための信託報酬も高いし、分配金をだしてくれるのもあるけれど、自分の元本を切り売りしているのもあるので、今では投資信託の投下資本を全て引き上げてしまいました。

そんなときに見つけたのが、ロボアドバイザーなるフィンテックの技術を活用した投資方法。ロボアドバイザーは、いくつかの質問に答えるだけで自分にあった投資スタイルを考えてくれて投資先を自動で考えてくれるものです。これだったら迷わなくて済むし、選べば投資報酬も低いものがあります。

ぼくは「 マネックス証券」のマネラップというロボアドバイザーを使おうかと手続きしています。ここにしたのは信託報酬が1%以下であることと元々マネックス口座で投資信託、株式取引をしていたので、そのまま資本を移せるためですね。

毎月どれぐらい積立するかは、考え中ですが「 マネックス証券」だと毎月1万円から積立投資できます。毎月5万円ぐらい積立しようかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加