家庭保育園の絵本「わにがわになる」を紹介します。


これ絵本がPONさんの娘は大好きなようでPONさんと嫁さんに何回も読んで欲しいと本を渡してきます。まだ娘は言葉が出てきませんが、絵本の棚からこの本を引っ張り出して私に渡してきます。

PONさんは、娘がどこに魅力を感じているのかよく分かりませんでしたが、最近「かさがかさなる」の場面でいつも絵本を縦にしています。それまで見開きで横で見ていた絵本をその場面が縦書きになっているので、絵本を縦にしています。このページでとてもよく笑っています。

言葉の語呂遊びのような本ですが、何回も読んでと娘がせがむので、PONさんはだんだん疲れてきてきますのでところどころページを飛ばして読んでいます。嫁さんはすぐに気付いていますが、娘からは何も反応がないので、いつ気付くのか楽しみです。

⇒詳細はコチラです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加