太陽光発電の年利を計算してみました。ざっくり年利10%ほど達成します。

スポンサーリンク

昨年の太陽光発電の初期投資と年間収入を計算しました。結果として、10%までいかないまでも9.8%を達成しています。この年利は確かに投資だと感じます。

ぼくは最近ソーシャルレンディングにハマっていますが、年利10%の商品はなかなかありません。もちろん、太陽光発電にも部品の故障などリスクがあるので、これが20年間ずーっと達成できるとは思っていませんが、それでもこの年利は魅力的です。そこらじゅうで太陽光パネルを設置したくなるのがよく分かります。

未だに新築の家にはソーラーパネルが載っているしやはりまだまだ買い取り保証があって稼げると判断しているから搭載しているのだと思います。初期にしていた人たちの売電価格は今と比較すると半端なくいい単価で買い取りされています。リスクをとって最初に始めた人に利益がある。太陽光発電事業は正解だと思います。

ぼくは次に風力発電を設置できないかと考えています。我が家は瀬戸内海にに面した尾道市にあります。島の一部を購入して風車を設置する。意外と儲かるんじゃないと考えていますが、個人で風車を設置している人をみないということはまだまだ割に合わないんでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加