面白いほどよくわかるマルクスの資本論を読んで、資本主義経済を勉強中です。

スポンサーリンク

これまで、いくつかの資本論の解説本を読んでいます。資本論を読まないのは書いている内容が難しすぎて挫折しちゃうから。そんな中でとりあえず理論だけでも分かっていれば、再度、資本論にチャレンジできると思い、簡単な本から読んでいます。

今まで、読んだのは、池上彰「高校生からわかる資本論」

佐藤優「いまを生きる資本論」です。

さらに今読んでいるのはこの「面白いほどよくわかるマルクスの資本論」です。

面白いほどよくわかるマルクスの資本論―計画主義経済の利点とその問題点 (学校で教えない教科書)
土肥 誠 日本文芸社 2009-08
売り上げランキング : 860636

by ヨメレバ

この本を読んでいると、今までと同じことをしていると価格が下がるだけでデフレ傾向になってしまいます。だから新しいことをして新しい価値あるモノを作り出さないとインフレを作り出せないと読み取りました。資本論を読んでいると面白い発見があっていいですよ。

なんか何年も前に書かれた本で、古典と言われるものは現代に通じることを書いているような気がします。だからみんな古典を読めっていうのかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加