歴史を学べるマンガを集めてみた!


いつか子どもに読ませたい歴史マンガを集めてみました。

どれもぼくが読んで面白いと思ったもので、歴史は年表を覚えることと暗記教科だと思っていましたが、歴史は繰り返すと言われるように歴史から学べることは多くあります。

歴史に対してとっつきやすいものにマンガは選択肢に入るはずです。

アンゴルモア 元寇合戦記 (1) (カドカワコミックス・エース)
たかぎ 七彦 KADOKAWA/角川書店 2015-02-07
売り上げランキング : 50948

by ヨメレバ

中世ヨーロッパを席巻し、恐怖の大王=アンゴルモアの語源との説もあるモンゴル軍。1274年、彼らは遂に日本にやって来た! 博多への針路に浮かぶ対馬。流人である鎌倉武士・朽井迅三郎は、ここで元軍と対峙する!

元寇の合戦は、元が神風にあって撃退されたとか「てつはう」を使った火薬の武器ぐらいしかなかったけれど、この本を読めば元寇の歴史がよく分かる!

ヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンKC)
幸村 誠 講談社 2006-08-23
売り上げランキング : 47832

by ヨメレバ

11世紀、北欧の地は、蛮族と恐れられたヴァイキングにより戦火にまみれていた。その中に、父親を殺され、復讐のため戦場を駆け抜けた少年・トルフィンがいた。彼は仇敵・アシェラッドを殺すために生き、生きるために戦った。だが、イングランド王位をめぐる争いの中でアシェラッドは不慮の死を遂げる。唯一の希望を失い、奴隷に身をやつしたトルフィンはそれでもなお安息と豊穣の地、ヴィンランドを思い描く。心休まる日はいつ訪れるのか。”本当の戦士”の物語が紡がれていく。

実はこの話、登場人物や地名は実在するし、エピソードなんかは実際にあった話です。実はアメリカ大陸を発見したのは、コロンブスよりも先に「幸運なるレイフ」だった。というのは、史実のようです。

さらに、こういう漫画は、想像しにくい昔の様子を映像化してくれます。イメージしやすくなるので、時代背景も読み取りやすくなります。バイキングの時代を想像しやすくしてくれます。マンガのいいところですね。

最新刊19巻を読みました。戦をしたくないトルフィンにとって最悪の事態が起こる!

ヒストリエ(1) (アフタヌーンKC)
岩明 均 講談社 2004-10-22
売り上げランキング : 51407

by ヨメレバ

舞台は紀元前、後にアレキサンダー大王の書記官となるエウメネスの波乱に満ちた生涯を描いた歴史大作です。蛮族スキタイの出身でありながらそれを知らず、都市国家カルディアでギリシア人養父母に育てられたエウメネスは、そのおかげでギリシア的教養を身につけることとなる。ある日養父がスキタイ人に殺され、自分の出自を知ったエウメネスは奴隷の身分に落とされてしまう。それが彼の波乱の旅の始まりだったのです。

古代ギリシャの話です。子どもには見せたくない絵がありますが、それを避けて読まないというのは少しもったいない気がします。当時のギリシャがどんな国なのか読み取ることができます。

最新刊10巻を読みました。フィリッポス王の王子アレクサンドロスの才能の片りんを見ることができます。主人公エウメネスも王の左腕と呼ばれる噂を耳にします。

ホークウッド (MFコミックス フラッパーシリーズ)
トミイ大塚 メディアファクトリー 2011-05-23
売り上げランキング : 158984

by ヨメレバ

14世紀、イングランドとフランスの百年にわたる戦争が始まろうとしていた頃。金で雇われ、戦いを生業とする者達--傭兵が各地の戦場で活躍していた。“白鴉隊”という小さな傭兵隊を率いる若き傭兵隊長ジョン・ホークウッドは、一人の王子との出会いを機に、百年戦争という大きな戦いに巻き込まれてゆく……。

14世紀の百年戦争を舞台に傭兵隊長の話ですが、ヨーロッパの14世紀と言われると暗いイメージがありますが、そんなイメージありません。傭兵なのでお金も大事。あっさりした様子があるし、周囲の女性が明るいこともあって敷居は高くないですね。

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
森 薫 エンターブレイン 2009-10-15
売り上げランキング : 20264

by ヨメレバ

中央ユーラシアに暮らす、遊牧民と定住民の昼と夜。
美貌の娘・アミル(20歳)が嫁いだ相手は、若干12歳の少年・カルルク。遊牧民と定住民、8歳の年の差を越えて、ふたりは結ばれるのか……? 『エマ』で19世紀末の英国を活写した森薫の最新作はシルクロードの生活文化。馬の背に乗り弓を構え、悠久の大地に生きるキャラクターたちの物語!

中央ユーラシアの大地を舞台にした漫画ですが、特に芯のあるストーリーはありませんが、この19世紀の中央アジアの様子を見れるだけでも価値があります。

雪花の虎 1 (ビッグコミックス) (ビッグコミックススペシャル)
東村 アキコ 小学館 2015-09-11
売り上げランキング : 10044

by ヨメレバ

東村アキコが描く、女・上杉謙信一代記!

戦国の世を、義を貫いて駆け抜けた軍神・上杉謙信。
毘沙門天の化身とされる名将中の名将は、実は、女だった―――

時は享禄二年、1529年。
越後の春日山城城主・長尾為景の第3子が誕生する。
不甲斐ない嫡男・晴景に代わる後継ぎとして期待された赤子は、
しかし女児だった。

失望する為景だったが、すぐに決意を新たにする。
「この子を、姫武将として育てる」「名を虎千代とする」と――

強い父、やさしい母、穏やかな兄、健気な姉に囲まれ、小さな山城でお転婆に育つ虎千代。
その双肩に背負う運命の重さを、未だ知るよしもなく……。

東村アキコが挑む本格大河ロマン、
越後の虎、女・上杉謙信の一代記がいま、始まる!!

戦国時代で有名な上杉謙信が実は女性だったという設定。いまだに女性であるかどうかはしっかりと整理されたものではないけれども、そんな女性であることを前提に謙信の生涯を描いている。川中島の合戦ぐらいしか知らないぼくにとっては、歴史を楽しくしるチャンスの漫画です。

随時更新中!
手芸販売始めました!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加