1日目、尾道マリンユースセンターでのキャンプが楽しすぎる!

スポンサーリンク

尾道マリンユースセンターで初キャンプをしました。尾道マリンユースは、尾道市向島にある海沿いのキャンプ場です。船も停泊しています。

01bf5b8eed518faa20a4bff3f27694f591d50c0388

我が家のキャンプは備後運動公園に引き続き2回目です。

びんご運動公園でのキャンプ記事はコチラ→尾道市びんご運動公園でのキャンプが楽しすぎる!

尾道マリンユースセンターは2回目の訪問です。1回目はダッチオーブンのデビュー戦を飾ったデイキャンプです。

そのときの記事はコチラ→尾道マリンユースセンターでデイキャンプ!ダッチオーブンでカレーを作りました!

今回のキャンプは2家族で参加です。大人4人、子ども3人の合計7人。 キャンプ場には、1週間前から予約していました。予約当時はまだサイトに余裕がありましたが、今日行ってみると満席です。かなりの人気です!

前日に予約してもサイトに空きはないので必ず1週間前に予約しときましょう!

今回はテント泊なので、15時から翌朝10時の利用となります。費用は1サイト3000円。電気を使うと500円の追加です。10時~15時までの使用ならば1000円のお手軽コースになります。

強者になると、朝10時から翌朝10時まで予約してまる1日過ごす方も多数居られます!

このマリンユースセンターは炊事場でガスも使えるようになっていますので、ガスコンロやガス炊飯器を使うことができます。未だ使っている人を見たことありませんが。。。

14:00 荷物の積み込み完了

IMG_4981[1]

なんとか車に入る(詰め込む)のですが、帰りに持って帰るごみのことを考えると、車の上に荷台を付けてRVボックスなんかを載せられるようにならないかと悩み中です。

16:00 現地到着

出発前に買出しを済ませて行ったので、到着も遅れてしまいました。食材だけの買出しの予定が、ダイソーに寄ってニトスキの蓋を購入したりしていたのが原因です。

まずは受付を済ませます。予約時に便利な場所をお願いしていたので、サイト番号1番の管理棟や中央の駐車場にも近い場所を選択します。

0183670a69d321682f51c75f7015c13b563789e9a7

トイレや炊事場から離れているので人の目も気にならないし、夜寝ている時の人通りも少ないかと思っていましたが、意外と車や人の足音が聞こえてきたり、ネコの足音も聞こえるのでどこを予約しても意外と変わりません。

ここは、子どもの遊び場である遊具があるので、遊具に一番近いところを予約するのがいい。子どもも見れるしサイトも見れるのが一番の理由です。

取りあえず、テントの準備をします。このスペースにテント2つと簡単タープを2つ設置できます。2家族は十分対応できるスペースです。3家族以上になるとスペースがなくなるので、サイトを2つ予約しましょう。

011b146f88b3d290f11876a34b6f8239727a747ccc

子どもたちはこちらの遊具で遊んでいます。

01452216f8cb5a1f44aaf08b0fcb520822f5bff0ab

長いすべり台があって、娘は大のお気に入り!

01173bd10552e37bbfc43ce42337a923aad20d9c6e

今回も前回のリベンジということで、ダッチオーブンでカレーをつくります。飯盒でお米も炊きます!今回借用しませんでしたが、芝が燃えないように架台を管理棟で借用できます。

架台を借りないと芝が焼けてしまうので、ぜひとも架台を借りるようにしましょう!

016489d8e0abd121415e2cf0b746f085af38546299

0121de2effe65689f6880d94aaf5a43b2b7a1ea6d3

6皿分のカレーをつくります!やはり水分がとんでしまうので、通常よりも200CC多く水を入れます。焚き火台に直にダッチオーブンを投入するのは少し火力が強すぎるのかもしれません。お湯が沸騰したら、網を敷いてその上でカレーを温めるのがいいかもしれない。

できたカレーはこんな感じ!やはり水が少ないので焚き火台で弱火に調整できるように考えた方がいい!

01651f807b92212e277192cbf76d834908deef5602

20:00 遊具でこどもが遊んでる!

既に外は真っ暗です。しかし、遊具からは子どもの声が。。。

ダッチオーブンは使ったままにしておくと錆たりしてしまうので、炊事場で早々と片付けをします。しかし、キャンプにきた子どもたちはいつもと違う体験に興奮しているのか遊具で遊ぶ子どもたちでいっぱいです!

01e45e83c50c1902c01905861541a97f8db73449d0

01588780d1d1eacdd78c4f1f66bc6bccc6b4807c46

テント2つとタープを2つ設置するとこんな様子になります。

01474f3288783714150fe3322e5f9bf9381e874c03

今回、新規投入した椅子は一度座ると立ち上がることができないと知っていたけど再確認できた。写真の奥のほうの椅子だけど、娘たちに占拠され、落ち着いて座ることができません。もう一つ追加しようかと悩み中です。

01f80a336305bd7c94ba0b52c0e0222125a5c1ec00

先日、雑誌fam(ファム)に付いていた付録も初投入しました。

小さい焚き火台ながら、火を見ていると落ち着きます。アルコールランプなんかを置きたくなりますね。

017a50e7dfa1d68d1c47475573c6230950522362d9

21:30 天体望遠鏡投入!

さらに、天体望遠鏡も投入します。天体望遠鏡にスマホを近づけて写真を撮りました。その写真がこちら!

0111f3cbdb3e821617889e4aea0e8b1b3af6240b51

スマホでもこんなにきれいに月が撮影できます。ただ、月はかなりの速度で地球の周りを公転しているので、ピントが合わなくてモタモタしていると望遠鏡の視界から外れてしまいます。この日は子どもたちが寝ている時間だったので子どもは楽しめませんでしたが、次の日の早朝南の空に月が見えていたので、望遠鏡をのぞきながら驚いています。手軽に夜空を楽しめるアイテムですが、周囲が明るいと星が見えないので、消灯してから楽しみます!

でわでわ、明日の記事に続く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加