お医者さんを保健室に配置した放課後カルテには泣けるエピソードが詰まっているよ!

スポンサーリンク

今回は、この少女漫画を読んでいます。

放課後カルテ(1) (BE LOVE KC)

拒食症、ナルコレプシー、ベル麻痺――…、
小学校にはあなたの知らない病気で溢れている。
子供たちの未来を守る最後の砦「保健室」に
謎の問題医・牧野先生がやってきた!
小学生たちの身近に潜む、名も知らぬ病気の数々――。
口も態度もでかい謎のドクター・牧野先生が
だれもが見落としてしまう小さな病気のサインに
どこか冷めながらも(?)向き合うようですが……!?
あなたの知らない新医療ドラマ、診療開始!!!

ぼくが抱く保健室のイメージは、小学校の駆け込み寺のイメージであった。だれもが心のケアが必要な場合だと思っていても、小さな変化を見過ごさず、病気のサインをくみ取っていく様子は、読んでいてもスカッとします。過眠症の子どもをそれは病気だと伝え、治療していく過程は子どものいじめからも守ってあげれていいエピソードがたくさん詰まっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加