お風呂場の桶を無くしたらお風呂が少し広く感じました!

スポンサーリンク

今回は、整理整頓に繋がる内容です。

先日は、テレビをリビングから無くしました。(正確には2階に移動させました)。テレビをリビングから無くしてから、テレビの上にも棚を置けるようになったので、リビングをより広く使えるようになりました。元々、ぼくはテレビを見ていなかったので、困ることはありません。2階がテレビ上映会になって、いつもと違う特別な時間を過ごせるようになりました。ちなみにテレビを2階に上げてから、ぼくは1度もテレビを見ていませんが、嫁さんはテレビを見るほうなので、子どもが寝静まってからテレビを見ているようです。

子どもにとってはテレビを見なくてパズルや絵本に興味をもっているので、いいことですが、嫁さんが先に悲鳴をあげそうです。今後とも嫁さんのケア含めて様子見が必要です。

今回は、家で片付けたものを紹介します。それは、

『桶』

取っ手のない桶です。元々、取っ手のある桶2個、取っ手のない桶が1個ありました。合計3個の桶がありましたが、娘が取っ手のある桶を使いたがるので取っ手のある桶を2個使い、取っ手のない桶は片付けることにしました。

桶の場所が広くなったので、お風呂も広々使えます。これからも家の中の要らないものを無くしていこうかと考えています。

家の中の無くしたものシリーズはコチラです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加