ニトリのスキレット『ニトスキ』と中国製シングルバーナーで目玉焼きを作ってみました。

スポンサーリンク

ニトリで買ったスキレット『ニトスキ』を久しぶりに引っ張り出して来ました。スキレットでのレパートリーはあまりないのですが、今日、どうしても試したかったのは、シングルバーナーとのコンビネーションです。

プリムスのガス缶に、中華製のシングルバーナーそしてニトスキです。

012af17d13473953a46e274ccb1a77c2b767a28a14

ニトスキを中国製シングルバーナーに載せてみました。見た目の安定感は怖いぐらいありませんが、平面な場所に置くこと前提で使用します。

スキレットに油を落としてニトスキを温めます。

卵を落とします。

015c2c50d99862365f0af727f4ae8fb91513469c3e

01b4aefbb055df98131243719d917dac4e90f09965

塩コショウを振りかけて、水を入れて蓋をします。

013c67aca37be3254cb0e54458805f23bd06afa3bf

家には、透明の大きな蓋があったので、卵の状態を確認しながら温めることができますが、キャンプ場では大きなフライパン用の蓋は持って行かないので、適切な勘が必要です。今回は、弱火で5分ほどでした。火を止めてから3分ほど待ちます。

これで半熟から完全な黄身になるまで蒸らします。

01d6d8b854105001758f79aee56e5437030359c99f

0113758f89cba97f952b036ebfe45667d54b16db24

完成した目玉焼きを食べてみると、やっぱりスキレット作ると目玉焼きも美味しく感じます!

朝ご飯にニトスキを使って、ベーコンや目玉焼きを作るのは簡単で美味しくできるので休日のパパには家族も喜ぶおススメ料理です。

今回、試した中国製のシングルバーナーは、スキレットも問題なく使えました。後はキャンプの出番を待つのみですが、すでに季節は秋口です。

2歳の娘を連れてのキャンプは難しいので、登山でシングルバーナーを使ってみようかな?

ニトリのスキレット『ニトスキ』に関する過去の記事はコチラです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加